FFCC Official Site

FF14 Shinryuサーバーで活動しているフリーカンパニー「Crystal Chronicles」の公式サイトです。

FF14を楽しむゲーミングデバイス紹介【PCユーザー向け】

f:id:FF14_FFCC:20170605235612p:plain

こんにちは!ぽにーです!
紅蓮のリベレーターまでもう少しですね。

みなさんFF14はなにを使って操作していますか。
わたしの周りではPCでFF14を遊んでいる方が多いのですが、FCメンバーの中には4.0前というのもあり、PS4からPCに移行した方や、ゲームパッドから複数ボタン付きゲーミングマウスに変えられた方が数名いらっしゃいます。

そんな最近環境を変えた方や、これからPC版に移行する方、ゲーミングデバイスの導入を検討されている方にお役に立てる記事となれれば幸いです。

 

ゲームパッドからマウス&キーボードに変える不安

ゲームパッドからマウス&キーボード操作に切り替えを検討している方が一番に思うこととして、”移動”がうまくできるかどうかかと思います。

ですが、一つ朗報があります。
個人差がありますが、マウス&キーボードに変えても操作感はゲームパッドのような感覚でできる方法があります。それは左手キーボードを使うことです。

わたしは元々PS4FF14を楽しんでいました。PCに移行するにあたり、如何に慣れ親しんだ操作感を再現できるかを考え調べました。そこで行き着いたのが左手キーボードを使うことです。FF14のプロデューサー兼ディレクターの吉田も、左手キーボードを使っているのは有名な話だと思います。

左手キーボードにはゲームパッドのアナログスティックのようなものが付いているものがあり、それによりゲームパッドと同じような感覚で移動することができます。
FF14は移動が非常に重要な動作で、キーボードのWASDキーでの移動が苦手な方は左手キーボードを買うことをおすすめします。

 

選ぶならG13 or Orbweaver?

左手キーボードはたくさんの種類がありますが、その中でもFF14推奨周辺機器に指定されているロジクールのG13、RazerのOrbweaverがあります。今回はその2点を比較してご紹介したいと思います。

まずは簡単にメリットとデメリットを実用的な面で見ていきましょう。

ロジクール G13

メリット
・値段が安い
・ボタンがたくさんある(25個)
ゲームパッド同様にアナログスティックとして機能する

デメリット
・本体が大きいため手の小さい人には扱い難い
・ボタンの配置が放射状になっているため慣れるまでに時間がかかる
・アナログスティックの先端が小さいため長時間の使用には不向き(別売りのゲームパッドのアナログスティックのカバーを付けるなどして改良は可能)

Razer Orbweaver

メリット
・ボタンが均等に配置されているため迷いが少ない
・本体が小さく作られているため手の小さな人でも満足に扱える
・アナログスティックのようなものが大きいため指が疲れない
・手の平を置く部分などの角度や長さの微調整ができる

デメリット
・値段が高い
・ボタンの数がやや少ない(23個)
・メカニカルキー採用のため押した際にカチカチ音がする
・アナログスティックのように見えてアナログスティックではないためWASDを割り当てる必要がある


というように、どちらも一長一短です。
個人的にはOrbweaverをおすすめしたいです。
理由としまして、G13に比べ値段は張るものの、本体が小さく作られていて手の大きさを選ばず、ボタンが均等に配置されているので初めて左手キーボードを触る方にも扱いやすいからです。

初めての左手キーボードはOrbweaveにしてみてはいかがでしょうか。

 

ゲーミングマウスは買うべき?

続いて気になるのがマウスかと思います。
ゲーミングマウスがなくてもFF14の操作は可能です。ですが、有ると無しではだいぶ快適差が違います。
MMO向けゲーミングマウスは、マウスの側面に複数のボタンが付いているのが特長で、通常のマウスではホットバーに配置されているスキルまでマウスカーソルを移動させ、クリックすることによってはじめてスキルを発動できますが、ゲーミングマウスはマウスカーソルがどこにあろうとも側面のボタンを押すだけでスキルが発動できます。
これだけでゲーミングマウスの快適差の違いがわかるかと思います。

 

使うならG600 or Naga?

左手キーボード同様、こちらもFF14推奨周辺機器に指定されているゲーミングマウスの2点のご紹介です。

ロジクール G600

メリット
・値段が安い
・gシフトボタンにより、側面の12個のみで計算すればマウスだけで2倍の24個のボタンが押せることが可能になる

デメリット
・gシフトのボタンが薬指を乗せる部分にあるため、慣れるまでは誤操作が目立つ
・本体が初期のままでは重い(重りははずせる)
・側面のボタンに凹凸があるため、個人により使い難い場合がある。

Razer Naga

メリット
・本体が軽い
・G600と比べ本体が小さいため、手の小さな方にも満足に扱える
・側面のボタンに凹凸がないため、親指にフィットして扱いやすい

デメリット
・値段が高い


両者を比べるとG600はデメリットが目立つもののgシフトの有用性は高く、G600の愛用者が多い印象です。ただしgシフト特有のバグの存在や、個人によりボタンの押し難さがあるため、わたし個人的にはNagaをおすすめしたいです。(Razer信者)

 

ゲーミングデバイス総括

総括ですが、Razer製品は初心者にも扱いやすく設計されていると思います。それに比べ、ロジクール製品はプラスαのような製品が多く玄人向けな印象です。

いかがでしたでしょうか。
これからゲーミングデバイスを導入される方の参考になれば幸いです。

それでは、よきFF14ライフを!

広告を非表示にする